仲秋の名月


こんにちは。
受付センターの渡邉です。

今週9/8(月)は中秋の名月でしたね。
皆様はどんな月が見れましたか?
どんなお団子を食しましたか(^^)
渡辺

今更ながら『中秋の名月とは』

中秋の名月とは、十五夜とも呼ばれ、旧暦8月15日に見える月を意味します。旧暦で秋は7~9月となっており、その真中の日が旧暦の8月15日になるため「中秋」と呼ばれます。
秋は、最も空が澄みわたり月が明るく美しいとされていたため、平安時代から十五夜には観月の宴が開催されてきました。江戸時代には、その宴と秋の収穫を感謝する祭事が合わさって一般に広まり、今の「お月見」が形成されて行ったようです。
「十五夜」と言うからには、15日が中秋の名月だろうと思ってはいませんか?しかし実際は、毎年9月中旬~10月上旬の間に旧暦の8月15日がやってきます。これは、旧暦と現在の暦の数え方の違いから。なので毎年日にちが違うんですね。

少しずつ朝晩が冷え込んできました。
体調管理にはお気をつけ下さいね(・ω<)

2014年9月16日|



 
 
 
 
 

2014年9月16日 | カテゴリー スタッフブログ  |