一部負担金殺人事件 その一


 一部負担金殺人事件 その一
医療機関にかかった時に窓口で支払う一部負担金。一部負担金は時として人を死に追いやります。一部負担金を工面できないために重症になった方や場合によってはお亡くなりになった方も多数いらっしゃいます。医療保険制度はその名の通り「保険」です。「保険」ですから、生命保険や自動車保険等と同じように毎月保険金を支払わなければなりません。ここまでは良いです。同じです。でもなぜ、医療保険だけ、保険を使う度にお金を支払わなければならないのでしょう?第一、予期しないお金が必要な時のために毎月かけているのに、その時お金がないと使えないものを保険といえるでしょうか?国は無料にすると「医療機関が不正をするから」などと言っていますが、本当にそうでしょうか?

(続く)

2015年10月15日|



 
 
 
 
 

2015年10月15日 | カテゴリー くれいし探偵の事件簿  |