一部負担金殺人事件 推理編 その一


一部負担金殺人事件 推理編 その一
日本にだけ一部負担金という制度がある理由。私の推理では「日本は企業が政治を動かしている」です。いきなり飛躍して申し訳ありません。推理のための材料を少し整理してみましょう。
公的医療の仕組みはちょっとややこしいのですが、一部負担金殺人事件の謎を解くためには必要なことですから、お付き合い下さい。我々が毎月納める保険料は国に入るわけではありません。保険料を集めているのは「保険者」という組織です。この「保険者」が、集まったお金を医療機関に支払っています。
(実際はもっと複雑怪奇な仕組みなのですが大雑把にいうと)
国民→保険者→医療機関の順でお金が流れています。(続く)

2015年12月01日|



 
 
 
 
 

2015年12月01日 | カテゴリー くれいし探偵の事件簿  |