金属アレルギーと保険の危ない関係 その一


金属アレルギーと保険の危ない関係 その一
現在日本では1000万人以上の人が金属アレルギーだと言われています。金属アレルギーの98.5%は歯科で使用する金属のアレルギーです。(残り1.5%はカドミウムとアンチモン)歯に付けた金属は唾液で溶けて体内に…、削れて胃液で溶けて体内に…。(=o=;)
ピアスやネックレスなどのアクセサリーは皮膚の上につけるものなので、ほとんど体内には入りません。アクセサリーをつけた部分が赤くなったり、痒くなったりするのは、すでに金属アレルギーになってしまっている可能性が高いのです。

(続く)

2016年1月01日|



 
 
 
 
 

2016年1月01日 | カテゴリー くれいし探偵の事件簿  |