金属アレルギーと保険の危ない関係 その三


金属アレルギーと保険の危ない関係 その三

他からの金属、例えば水道水やお鍋、食品中の金属も原因になりますが、金属アレルギー最大の要因は歯科用金属です。口から入った金属の約10%は腸から体内に吸収されます。日本の保険では歯型を取ってから歯に詰めたり、かぶせたりする物は一部の例外を除いて、金属アレルギーの原因となる金属以外は使用できません。ですから、同じアジアでも中国や韓国では金属アレルギーになっている人はほとんどいません。

金属アレルギーは歯科と日本の保険制度が作り出した、完全に人為的な病気なのです。(続く)

2016年3月01日|



 
 
 
 
 

2016年3月01日 | カテゴリー くれいし探偵の事件簿  |