ごあいさつMESSAGE

暮石院長

くれいし歯科クリニック
院長・医師 暮石 智英

治療する歯医者ではなく
お口の健康を守る歯医者になりたい。
「もう少し早く治療できていればなぁ…。」
みなさまのお口の中を拝見して、いつも思います。
老化現象で歯が抜ける事はありません。むし歯も歯周病も自然には治りません。よほどひどい状態にならない限り自覚症状もありません。進行すればするほど治療にかかる期間も費用も不自由さも倍々に増えていきます。早期発見・早期治療が大切なのですが、これも難しい。
ですから私は治療する歯医者ではなく、お口の健康を守る歯医者になりたい。誰もが一生、むし歯や歯周病、入れ歯とは無縁でいてほしい。そう思っています。

暮石院長に聞きました

くれいし歯科暮石院長
暮石院長に、くれいし歯科クリニックでの取り組みを始め、患者さんへの思いから、今後の歯科技術向上への熱意、また日々の喜びなどをじっくりとお聞きしました。

インタビュアー
株式会社イケル 山下秀男


山 下:患者さんは、紹介や口コミが多いようですね?【 来院のきっかけ 】
院 長:
『駅から近い』といった分かり易いところもあると思いますが、患者さんは知人や友達の情報、口コミを大切にされていると思います。説明をきちっと分かり易くする、安心できるなど基本を大切に、また患者さんの負担が少ないよう心掛けています。
山 下:患者さんにじっくり説明をされるとお聞きしましたが、患者さんの負担にはなりませんか?【 説明 】
院 長:
患者さんが、詳しく説明を聞きたいと思っているか気を配っています。予約にしても、負担にならない様気軽に取って頂いたり、急用の際でもキャンセルすることが気にならない様、気を配っています。歯科が出来ることはまだまだあって、よりよい体制を整えて来やすい環境づくりが必要だと思っています。
山 下:予約を守って頂けないと、歯医者は困るのではないですか?【予約 】
院 長:
予約を守っていただくことがご負担になるようにしたくないだけです。痛い時だけくるのが歯医者ではないですから、気軽に来られるよう我々が調整すべきだと思います。やはり、初めての患者さんや急患の方が入るとどうしても始まりが後に押してしまいますが、治療は予約時間通りに終われるよう工夫してあります。
山 下:説明についてどのようにお考えですか?【 患者の負担 】
くれいし歯科暮れ石院長
院 長:
特に初めての患者さんには時間をかけています。時間が許す場合は1時間かけて説明することもあります。患者さんが手さぐりにならないように、自分が何をされているか分からないとか、何のためにこういう治療受けているのか分からないっていうのは一番良くないと思うので。このために今この治療が進んでいるんだと、ちゃんと分かって頂きたいと思っています。患者さん自身が、治療の地図をちゃんと描きながら治療に臨めるようにしたいと思っています。
山 下:患者さんの歯科環境に対する知識も不足していますか? 【 説明 】
院 長:
圧倒的に足りていないと感じています。また、誤って理解していることも多いです。誤った知識を持たれているほうが困ることが多いです。どうしても今までの歯医者さんのイメージというと、10分かかる説明を30秒で終わらせたり、説明せずにバンバン進んでいくことが多かったと思います。時間をかけるのが面倒臭いとか、時間かけられないという理由だと思います。歯科業界の改めていかないといけない所だと思います。
山 下:説明が長いと治療に影響しませんか?【 治療 】
院 長:
説明に時間をかける分、治療は的確に、スピーディーにしないといけません。その取り組みのおかげて、説明を十分に出来、そして的確な治療が出来るようになったと思います。
山 下:治療が早すぎるのはいいのですか?【 治療 】
院 長:
『早い』は誤解されるかもしれませんね。当然、適切な治療で早いことで、患者さんの負担が減ると思っています。患者さんがびっくりするスピードで治療をする。それには、経験、的確な判断など総合的に習得しないと難しいことかもしれません。的確な治療は基本ですが、スピードや説明力はまだまだ向上したいという気持ちが、成長に繋がっていると思います。
山 下:ところで、歯科医院で送迎は珍しいですね。どういうきっかけですか?【 工夫 】
院 長:
歯科は医療機関でありながらサービス業にも通用するところがあると思います。常に患者さんの利便性や安心感を増す努力を続けることが、本当の患者さんの健康に繋がると思っています。工夫できる所は何かないかいつも考えています。駅前0分に立地するのはより便利にといった思いがあります。今は、交通機関を利用することができない、交通機関が不便といった問題が増えてきました。そこで、新たに送迎をすることで喜んで頂ければと思っています。
山 下:では、院長が嬉しいと感じることは?【 嬉しいこと 】
くれいし歯科暮れ石院長
院 長:
一番嬉しく感じるのは、患者さんが以前よりいい表情になったと感じた時、とても嬉しく感じます。たとえば、噛めない人が普通に食事できるように噛めるようになったと喜びをお話ししてくれたりとか。また、歯にコンプレックスを持たれている方を綺麗にして差し上げてとっても明るくなったり、雰囲気も綺麗に素敵に感じた時など、すごく嬉しく感じます。
山 下:その他には?【 嬉しいこと 】
院 長:
スタッフが一人前になって一人で何でも出来るようになってくれたと感じる時です。そういうのは大変嬉しいですね。
山 下:実習生からのスタッフも多いですね?【 嬉しいこと 】
院 長:
衛生士学校さんからよく受け入れています。毎年何人か実習生さんがお越しになるんで、その実習生さんが喜んで下さって、例えばうちに就職してくれるというのは非常に嬉しいですね。若い時からの成長を見られるのは、なんだか父親みたいな気分で嬉しさが増しますね。
山 下:院長の学びや経験からくる治療技術は、他の歯科医師や衛生士さんとは違うのですか? 【 教育 】
院 長:
確かに色々な経験の上、学んできたことが多くあります。でも、歯科サービスとして技術力の差で、治療内容が変わるようでは困ります。経験や技術力に左右されない治療の仕組みを作っています。昔は「手の感覚で覚えろ。」と先輩に言われました。でも、感覚なんて分かりにくいし、他人に伝えられません。しかもその間に失敗を多々繰りかえす必要もあります。経験とか勘とかいうのに頼らずにちゃんと機械で測定してデータが確認できるよう、仕組みややり方を確立し、誰しもが短期間でスキルアップができるようにはしているんです。そのため、治療技術の違いは少ないです。
山 下:院長は歯科医師を育てていく役割が求めらていますね。 【 教育 】
院 長:
はい、そういった取り組みも積極的に考えていきたいと思っています。うちに勤めた人だけじゃなくて、例えば大学卒業したての歯科医師向けにもやりたいと思っています。現在もいわゆる保険のルール等の講演会の依頼は結構あります。技術的なものは、大学の先生の講義が多いのが現状です。当然、理論としての知識も必要ですが、現場の生きた実践の経験を教えてくれるところがないと思います。理論や実験では上手くいったけれども人間では難しいっていうのも結構あったりするんですよ。現場の経験を生かした教育をしたい、そのギャップを埋める人間が必要かなとは思うんですね。そういったことも徐々にしていきたいなと思っています。
山 下:技工士をとても大切にしていると聞きました。【 技工士 】
くれいし歯科暮れ石院長
院 長:
技工士の品質はとても治療を左右します。患者さんには分かりにくいところです。噛めているつもり、なんとなくハマっているつもり、そのうち慣れてくるなど曖昧が許される感覚のところでしょう。以前勤めていたところで、いい技工士さんを見つけられなければ、開業するのは無理だと思っていたんですよ。自分の納得のいく治療に答えてくれる技工士さんがいなかった。そういったとき、今の技工士さんと出会ったので、この技工士さんとならちゃんとした治療ができると思って、開業に踏みきりました。
山 下:今後の、技術的な課題や研究などありますか?【 学び 】
院 長:
例えば歯周病の治療で画期的なものがないかと、色々探したりすることがあります。色んな本を読んだりとか。治療の情報っていうのはネットには出てこないですから。本を読んで知識を仕入れたり、学会に参加したりしています。いろいろな所から新しい情報は常に入手しておかないといけません。すぐ採用できる技術、悪影響がなさそうなものは少ないですが。それでも、患者さんのことを考えれば、業界の技術レベルを正しく知っておくのも務めだと思います。
山 下:説明の仕方もそうですが、常に向上心がないといけませんね。【 学び 】
院 長:
僕はいわば個人会社の社長のようなもので、そうなると誰も意見してくれる人がいないわけです。これが他の商売と違う所で、他の商売ならば、お客さんから色んな意見が上がってくるんですけど、医者や歯医者というのは患者さんから意見がなかなか上がって来ない。上からも下からもどこからも何も言われないとなったら、安穏としようと思えばいつまでも安穏とできるわけです。でもそれじゃいけない。自分で自分に鞭を入れるしかないですよね。