歯の豆知識 第34回 歯の正しい磨き方


☆歯の正しい磨き方☆

虫歯を防ぐには、歯磨きで歯垢(プラーク)をしっかりと取り除くことが大切です。
 
歯磨き方法の基本と工夫
     1ヶ所を20回以上、歯並びに合わせて歯磨きしましょう。

ポイント① 毛先を歯の面にあてる
      ハブラシの毛先を歯と歯ぐき(歯肉)の境目、歯と歯の間に、きちんとあてる。

ポイント② 軽い力で動かす
      ハブラシの毛先が広がらない程度です。  

ポイント③ 小刻みに動かす
      5~10mmの幅を目安に小刻みに動かし、1~2本ずつ磨く。

☆ハブラシが届きにくい歯も工夫して丁寧に歯磨きしましょう☆

工夫① でこぼこ歯並び
   前歯のでこぼこしている歯は
   1本1本にハブラシを縦にあてて
   毛先を上下に細かく動かしましょう。
01

工夫② 背の低い歯
   奥歯の背の低い歯に対しては、
   ハブラシを斜め横から入れて、
   細かく動かしましょう。
02

工夫③ 歯と歯ぐき(歯肉)の境目
   歯ぐき(歯肉)に対しては45度の角度に毛先をあてて
   ハブラシを5mm幅程度で動かしましょう。
03

☆歯垢が残りやすい場所をチェックして、歯垢を取り除くようにしましょう☆

・ 歯と歯の間
・ 奥歯のかみ合わせ
・ 歯と歯ぐきの境目
・ 歯並びがでこぼこしている所
・ 生えている途中の歯
04
などは、より丁寧に歯磨きしましょう。

2015年1月23日|



 
 
 
 
 

2015年1月23日 | カテゴリー 歯の豆知識  |