口腔内のpHを中性に戻すキャンディー


う蝕と酸蝕の違いについて

 

まずはう蝕(虫歯)と酸蝕歯の違いについてですが、う蝕とはプラーク(歯垢)の中にいる虫歯菌が、糖分を栄養にして「酸」をつくり、その「酸」によって歯が溶ける病気です。飲食をすると虫歯菌によって酸が作られプラーク中のpHは急激に下がります。pHが5.5~5.7以下になると、歯の表面のエナメル質表層から歯の成分である「リン酸イオン」、「カルシウムイオン」が唾液中に溶け出してきます。これを脱灰といいます。このときは虫歯の穴はまだ開いていません。飲食終了後は唾液の働きで、下がったpHはだんだんと中性へと戻っていきます。pHが5.5~5.7以上になると溶け出ていた「リン酸イオン」「カルシウムイオン」が歯に戻り始めます。これを再石灰化といいます。飲食後下がったpHが元に戻る前に繰り返し飲食や、唾液の分泌が少なくなる就寝時前に飲食をしてすぐ寝たりすると、pH が中性に戻れずに歯の成分がどんどん溶けていきます。そしてついには穴が開き、いわゆる「虫歯」ができてしまうのです。

 

次に酸蝕歯とは口の外から入ってきた「酸」や身体の中からの「酸(胃液)」によって歯が溶ける病気です。それらもpH5.5~5.7以下のものは歯の成分を溶かします。う蝕と酸蝕の違いは、う蝕は口の中で糖から作られた酸が原因であるのに対し、酸蝕はそのままの形で入ってきた酸そのものが原因となるところです。

う蝕の場合は、プラーク中で酸が作られるので、歯が解けて穴となるのはプラークの付きやすい部分(歯の溝、歯と歯が隣り合う面や歯と歯茎の境目)で起こりますが、酸蝕は酸性の飲食物が口の中全体に広がりますので、溶ける範囲が広くまた浅いため気づきにくいものです。

 

口腔内のpHを中性にしてくれるキャンディーは、子どもさん等にとってもオススメです!!

味も何種類かあるので気になる方はスタッフまで!!

 

 

 

 

 

 

一般歯科ページバナー
2018年6月01日|



 
 
 
 
 
医院ご案内

法界院本院
岡山市北区学南町3-11-6
休診日:木曜日(もくようび)
    日曜日・祝日

詳しい地図法界院本院

西川原院
岡山市中区西川原1-12-24
休診日:水曜日(すいようび)
    日曜日・祝日

詳しい地図西川原院
フリーダイヤル