歯の豆知識 第16回 ながら磨き


プラーク(歯垢=細菌の固まり)コントロールを習慣付ける方法として“ながら磨き”をおすすめします!!

16_1プラーク(歯垢)とは?
プラーク(歯垢)は食べかすではありません。
例えるならお風呂を流した後の、“ぬめり”です。ぬめりはこすらないと取れないですよね!?
同じ様な、ぬめりが歯茎の際についています。
この細菌の固まり=ぬめりをながら磨きで、徹底して歯を磨いて下さい。

ながら磨きとは?
○○しながら、歯磨きを行うことです。
洗面所などで5分間歯磨きをするのは辛いものです。
また歯磨剤を使用するとすぐに泡立ち、すっきりし歯磨きを終えてしまいます。
就寝前に長く磨いて頂くために、歯磨剤を使用せず上下顎15~20分、TVを見ながら、本を読みながら、入浴しながら磨いて下さい。
(歯と歯茎の際に毛先が当たるように注意して下さい。)
爽快感を得たい方は、ながら磨きの後に歯磨剤を使用し仕上げ磨きを行なって下さい。
※電動ブラシを使用すると2倍の擦掃能力があります。
歯磨きした際にヒリヒリする痛みを感じる場合は、力が強く傷になっている可能性があります。鉛筆持ちで、力を抜き優しく磨いて下さい。

歯磨き時の出血はなぜするの?
プラークは細菌の固まりです。慢性的に沈着していると歯茎に痛みはありませんが充血します。
そこに歯ブラシの毛先が当たると充血した歯茎から出血します。
この出血は傷によるものではありませんので、より丁寧にしっかり磨いて下さい。
痛みがなければ出血しても恐れずに歯磨きをして下さい!!
細菌の量が減り、炎症が消失するため、2週間程度で歯茎が引き締まり出血しなくります。

ながら磨きを習慣付け、歯の健康を一緒に保っていきましょう!!
ご不明な点がございましたら、お気軽におたずね下さい。

2013年4月06日|



 
 
 
 
 

2013年4月06日 | カテゴリー 歯の豆知識  |