歯の豆知識 第12回 歯は離してリラックス


TCHとは?

みなさん、TCHということばを聞いたことがありますか?
これは、Tooth Contacting Habitの略で日本語では歯列接触癖と呼ばれています。TCHは顎関節の痛みに関連すると最近話題になっています。

私たちが普段生活している中で、上下の歯が接触している時間は1日17.5分との報告があります。基本的に上下の歯が咬み合っているのは、食べたり、飲んだり、喋ったりするときだけなのです。それらの時以外は、歯同士は接触していないのが普通です。
それにも関わらず、上と下の歯を常に接触させる癖があると、口を閉じる筋肉の活動が高まり、筋肉の疲労や顎関節の圧迫を引き起こします。そして、関節への血液供給が阻害されることで、痛みが過敏化したり、関節の運動がスムーズにいかなくなったりします。
顎関節症の患者さんの50~70%にTCHの傾向があるとの論文もあります。

そ こで私たちが提案したいのは、「何気なく過ごしているときに、上と下の歯が触れていないか?」と自問自答して頂きたいのです。実際に、奥歯を合わせてみる と、顎関節付近の筋肉(こめかみ辺り)が緊張しているのがおわかりいただけると思います。その緊張が持続することで、顎関節症のみならず、肩こりや片頭痛 などにつながることもあると理解して頂きたいのです。
気づいたときに、歯が接触しているようなら、意識的に歯を離し、同時に舌の力も抜くように心掛けるようにしてみてください。この方法で顎の筋肉と口周りの筋肉は非常にリラックスし、緊張やこわばりから解放されます。

12_img

2012年12月03日|



 
 
 
 
 

2012年12月03日 | カテゴリー 歯の豆知識  |