歯の豆知識 第10回 歯のメインテナンス


「毎日歯磨きをしていても、なぜか虫歯ができる」というかたはいませんか?」

歯磨きには人それぞれの癖があり、歯ブラシの届きにくい場所、あるいは歯ブラシ自体届かない場所もあり、磨けてない場所が必ず残るものなのです。

その磨けない場所には、プラーク(歯垢)がたまり続け、その結果、歯磨きを毎日しているにもかかわらず、虫歯になってしまうのです。

さらに、その溜まったプラークが唾液とくっつくことによって、歯石となります。その歯石は、歯を支えている骨を溶かしてしまいます。これが歯周病です。
そして、この骨が溶けてしまうと、噛むと痛みがあり、歯が動き、最終的には歯を抜かなくてはいけなくなります。一度骨が溶けてしまうと、元に戻りません。

10_01
10_02

歯医者で歯茎の中を掃除することで、歯周病の進行を止めることができます。また、虫歯になっていても、早期発見することができれば、歯を削る範囲が少なくてすみ、それにともなって痛みも小さくなります。
だからこそ、定期的に歯科医院でお口の健康チェックと歯のお掃除を受けましょう。

メンテナンスが歯を守ります!
10_03

2012年10月01日|



 
 
 
 
 

2012年10月01日 | カテゴリー 歯の豆知識  |