インプラントIMPLANT

インプラントとは

くれいし歯科インプラント
虫歯や歯周病、外傷などのアクシデントによって、失われてしまった天然歯を補うための治療方法の一つです。

歯の失われてしまった部分の顎の骨に、外科手術によって人工歯根を埋め込み、それを土台として上に人工の歯を取り付けます。

  • 天然歯と同等の力で咬むことが可能です。
  • 義歯のような着脱は不要です。
  • 周囲の歯に負担をかけることなく咬合力を回復できます。

インプラントの仕組み

くれいし歯科インプラント
【メリット】

  • 良く咬むことができます。インプラントは直接あごの骨に結合していますから、自分の歯に近い感覚で咬むことができます。
  • 入れ歯やブリッジに比べて、見た目が自然で発音もしやすくなります。
  • 周囲の歯を削らずにすむため、ご自身の歯の健康を損ないません。
  • 咬んだ時に、周囲の歯にかかる力の負担を小さくしてくれます。
  • 形や表面の性状が天然の歯に似ているので、入れ歯やブリッジに比べてお口のお掃除がしやすくなります。

【デメリット】

  • インプラント治療は健康保険の適用ではありません。
    そのため治療費は比較的高額になります。
  • 治療期間が長くかかります。
    最短で約半年ほど、インプラントの本数が多い場合や骨を増やす処置も行う場合などでは、1年以上かかることもあります。

インプラント治療の流れ

STEP 1
インプラント:治療前
歯を失った状態。
問診、レントゲン写真撮影、CT撮影を行い、医師からの診断および治療計画が提案されます。料金についてもここで確認をします。
STEP 2
インプラント:骨と結合
1次手術 骨にインプラントを埋め込みます。顎の骨にしっかり固定されるまで3~6ヶ月待ちます。
2次手術 3~6ヶ月後、レントゲン写真撮影を行い、インプラントが骨と強固に結合したことを確認します。インプラントに歯を支える土台(アバットメント)をネジでとめます。
STEP 3
インプラント:完成
インプラントによるしっかりした土台ができたら、仮の歯を装着して咬み合わせや装着感・清掃性などを確認します。問題がない場合、型取りをして最終的な人工の歯を上にかぶせます。

インプラントを長くお使いいただくために

治療前に大切なこと
インプラント治療では、インプラントと骨をしっかり結合させることが非常に重要です。

しっかり結合しないと大きな力を支えられないため、インプラントの寿命が短くなってしまいます。
したがって、まず治療前に骨の量、歯や歯肉の状態などのきちんとした検査、診断を行うことが大切になります。
その結果、歯周病などの治療が必要となれば、インプラントを入れる前に徹底的に治しておくことが、インプラントを長持ちさせることにつながります。

治療後に大切なこと
インプラント:治療後に大切なこと
インプラントが入れば治療が終わりではありません。

インプラントが入れば治療が終わりではありません。
インプラントを長く使っていただくためにはご自身による毎日のお口のお手入れと、歯科医院で行う定期的なメインテナンスが必要不可欠です。
インプラントは人工物ですので、虫歯になることはありません。

しかし、インプラント周囲が不潔になると
「インプラント周囲炎」という歯周病のように周りの歯肉が炎症を起こしてしまいます。
インプラント周囲炎は天然歯と違い、出血や排膿などがあっても疼痛や腫脹といった自覚症状がほとんどありません。
本人が気付かないことが多いのが特徴です。
その場合は、インプラント周囲のお掃除を徹底して行います。
インプラントの周りに炎症が起こると、最悪の場合インプラントを除去しなければならなくなることもあります。

インプラント:治療後に大切なこと
このような事にならないために、インプラントを入れた後は定期的なメインテナンスを受けて、炎症が起こらないように予防することが非常に大切です。


自分で選ぶ診療方法
  
医院ご案内

法界院本院
岡山市北区学南町3-11-6
休診日:木曜日(もくようび)
    日曜日・祝日

詳しい地図法界院本院

西川原院
岡山市中区西川原1-12-24
休診日:水曜日(すいようび)
    日曜日・祝日

詳しい地図西川原院
フリーダイヤル