歯の豆知識 第49回 『歯科用語』


難しい歯科用語、解説します!

 

「歯科健康診断の結果のお知らせ」の「歯並び」「その他」の欄で

よく使われる歯科の専門用語について解説いたします!

 

〇過剰歯

%e9%81%8e%e5%89%b0%e6%ad%af

本来必要のない余分な歯が生えています。

周りの歯の萠出を邪魔したり、傷めてしまう事があるので、早めに歯科医院で検査を受け、

抜歯を検討しましょう。

 

 

〇エナメル質形成不全

%e3%82%a8%e3%83%8a%e3%83%a1%e3%83%ab%e8%b3%aa%e5%bd%a2%e6%88%90%e4%b8%8d%e5%85%a8

生まれつきエナメル質が弱い歯で、

虫歯のリスクが高く、噛む力で欠けやすいなどの問題が起きがちです。

かかりつけの歯科医院で経過観察や、

治療を受け大切に守っていきましょう。

 

〇中心結節

%e4%b8%ad%e5%bf%83%e7%b5%90%e7%af%80

歯に円錐状の突起があります。

折れやすいのでかかりつけの歯科医院で検査を

受け、周りを樹脂で固めたり、少しずつ削り、

フッ素塗布を受けて知覚過敏や虫歯から

守っていきましょう。

 

〇先天性欠如歯

%e5%85%88%e5%a4%a9%e6%80%a7%e6%ac%a0%e5%a6%82%e6%ad%af

本来は乳歯から永久歯に生え替わるのですが、

生まれつき永久歯が足りない場合があります。

レントゲンを撮ってはじめて確定診断できるので、かかりつけの歯科医院で調べてもらい、

予防をして行きましょう。

 

〇癒合歯

%e7%99%92%e5%90%88%e6%ad%af

隣り合った歯が発育途中でくっついて生えた

ものです。生え替わりの時期に影響したり、

境目が虫歯になりやすいので、

かかりつけの歯科医院で経過観察を受けましょう。

 

歯並びや噛み合わせの専門用語

〇開咬

%e9%96%8b%e5%92%ac

奥歯を噛んでも前歯が閉じず、飲み込みや発音に支障が出やすくなります。

舌を前に出す癖があると成長とともに問題が拡大するので、思春期成長期前の骨格

誘導と舌のトレーニングが効果的。低学年の早い時期からの治療が有利です。

舌の癖について3歳児検診で指摘を受けることも。

かかりつけの歯科医院でお早めに相談を。

 

〇叢生(乱ぐい歯)

%e5%8f%a2%e7%94%9fあごの骨に歯が並ぶスペースがなく、乱ぐいになっています。

前歯が永久歯に生えかわる頃から急に目立ち、小学校低学年の歯科健康診断で指摘され始めます。

骨格が完成に近づく思春期成長期より前の治療が

効果的。虫歯や歯肉炎のリスクが高くなるので、

気になる場合はかかりつけの歯科医院で相談を。

 

〇交叉咬合

%e4%ba%a4%e5%8f%89%e5%92%ac%e5%90%88上下の奥歯が、本来とは反対の噛み合わせになって

います。しっかりと噛めず、成長とともにあごの骨格の歪みが拡大しがち。

永久歯の交叉咬合は小学校低学年の歯科検診で指摘され始めます。

低学年の早い時期からの治療が有利ですので、かかりつけの歯科医院で

お早めに相談を。

 

〇上顎前突(出っ歯)

%e4%b8%8a%e9%a1%8e%e5%89%8d%e7%aa%81前歯が並びきらず前にせり出す、あるいは上あごの骨格が前に出過ぎる、

または下あごの骨格が奥に引っ込みすぎることが原因です。

前歯が永久歯に生え替わるころから目立ち、

小学校低学年の歯科健康診断で指摘され始めます。

骨格性の場合は、特に思春期成長期前の治療が効果大。気になる場合はかかりつけの歯科医院で相談を。

 

〇正中離開

%e6%ad%a3%e4%b8%ad%e9%9b%a2%e9%96%8b

前歯の間に隙間ができています。歯ぐきと唇をつなげている小帯や過剰歯の影響も考えられるので、

まずはかかりつけの歯科医院で検査を受けましょう。

特に問題がなければ経過観察を。

永久歯の犬歯が生えると歯が横から押されて自然に

隙間が閉じてくるケースも多いです。

 

〇反対咬合(受け口)

%e5%8f%8d%e5%af%be%e5%92%ac%e5%90%88

上あごの前に下あごが出た状態で、しっかりと噛むことができません。

下あごが上あごに被さって、上あごの成長を邪魔するため、成長するとさらに目立ってきます。

骨格が完成する思春期成長期の前ならば骨格の誘導で

改善されますが、できれば低学年の早い時期からの治療が有利です。

お早めにかかりつけの歯科医院で相談を。

一般歯科ページバナー
2016年10月01日|



 
 
 
 
 

2016年10月01日 | カテゴリー 歯の豆知識  |