歯の豆知識 第37回 ホワイトニングは歯を強くするチャンス!


「ホワイトニングをしてみたい」と思っている患者さんから「歯に悪くありませんか?」という質問をよく受けます。確かにホワイトニング剤はいくらか酸性なので、歯の表面が少々溶けます(脱灰)。
そうお答えすると心配になるでしょうが、実は食べ物や飲み物のほとんどは酸性です。レモンやコーラなど酸の強い飲食物もあります。
それと比べると、ホワイトニングによる脱灰は、唾液の中に溶け込んでいるカルシウムが歯に戻ること(再石灰化)によって自然修復される程度のもの。毎日の食事と同程度の脱灰ですから、特別に心配するものではないでしょう。
また、ホワイトニング剤に入っているのは、殺菌薬として知られるオキシドールと同じ成分。
細菌を減らす働きを備えているのです。これは虫歯や歯周病のリスクの軽減にとても有利ですよね。

そして近年では、さらなる予防効果が明らかになりました。
ホワイトニング後の※ペリクルのない歯は、ペリクルのある歯に比べ再石灰化しやすく、ホワイトニング前より後のほうが硬くなって耐酸性がアップすることが、いくつかの研究で明らかになってきたのです。
さらに嬉しいのが、フッ素や、CPP-ACP(リカルデント)の取り込みも盛んに行われるということ。
ホワイトニング後に、フッ素やCPP-ACPのジェルやペーストを歯に塗布します。
すると再石灰化がより促進され、さらなる虫歯予防効果が期待できます。
せっかくのチャンスを逃さず捉えて、歯を白くするだけでなく、攻めの虫歯予防効果も手に入れてみませんか??

※ ペリクル…エナメル質表面に直接唾液が接触して形成される、唾液由来のタンパク性の薄い膜です。


2015年5月02日|



 
 
 
 
 
医院ご案内

法界院本院
岡山市北区学南町3-11-6
休診日:木曜日(もくようび)
    日曜日・祝日

詳しい地図法界院本院

西川原院
岡山市中区西川原1-12-24
休診日:水曜日(すいようび)
    日曜日・祝日

詳しい地図西川原院
フリーダイヤル