歯の豆知識 第106回 オーラルケア~歯間ブラシは大は小を兼ねない!~ | 歯の豆知識 | 岡山市のくれいし歯科クリニック

歯の豆知識 第106回 オーラルケア~歯間ブラシは大は小を兼ねない!~


こんにちは!!今回は歯間ブラシについてお話させて頂きます。

 

歯間ブラシやフロスは

プラークが非常に溜まりやすい

歯と歯が接するコンタクトポイントや、

歯と歯が隣り合ったところの根元まわりをお掃除する道具です。

 

しかし、歯間ブラシをお使いの方の中には、歯間のサイズに合っていない、

太めの歯間ブラシを使っている方がいらっしゃいます。

 

歯間のサイズに合っていない、

太めの歯間ブラシだとすき間に入りにくいだけでなく、

歯ぐきが傷ついたり、針金部分が当たって歯の根が削れてしまうことがあります。

 

歯間ブラシは大は小を兼ねません。

すき間に無理なく入る太さのものを使いましょう。

 

すき間の大きさは場所によって違いますので、

適切な太さの歯間ブラシを衛生士さんに選んでもらうといいですよ。

 


2022年3月01日|