くれいしブログ

今回の親子教室のテーマは

「上手に歯磨きできるかな?」でした。

お子様自身の歯磨きの習慣付けは、小さい頃から親子で楽しく歯みがきする時間を作ることが大切になってきます。

今回は歯みがきの仕方、仕上げ磨きのポイントや虫歯になりやすい場所なども説明しました。

 

その後それぞれのお口の中をみながら歯みがきのアドバイスをしました☆

歯が生え始めると皆さん歯みがきや虫歯について悩みや不安なことがあったみたいなので、少しでも参考になれたのではないかなと思います!

 

 

 

 

次回は「歯の生え変わりについて」 です。

2017年1月11日|

厳密に言うと、例えば歯を抜いた時に処方される抗生物質や鎮痛剤も予防にあたります。なぜかというと、歯を抜いた時点では麻酔が効いていて痛くないのに、後々麻酔が切れて痛くなった場合のために処方されるのが鎮痛剤で、現時点で感染していないのに後々化膿しないように処方されるのが抗生物質だからです。後々起こる可能性があろうがなかろうが、現時点では何もないのに処置や処方するのは全部予防です。以前、歯を抜いた時に抗生物質を処方せず、化膿しちゃったということで裁判になったケースでは、歯医者が敗訴しています。「予見できたのに必要な処置を怠った」という理由で。保険では「予見できても予防する処置を行う」と違反になります。どうすりゃ良いの…(=o=;)

(続く)

2017年1月01日|

今回の親子教室のテーマは「0歳からの虫歯予防」でした。

 

今回は5組の親子が参加してくださいました 😆

参加してくださったお子様は8ヶ月~1才2ヶ月のお子様だったので、

歯が生え始めで歯磨きをどうしたらいいか、歯磨きを嫌がって困るなどの悩みなどがいろいろありました。

虫歯予防のポイントを説明し、みなさんの悩みにもお答えしながらすすめました。

最後にそれぞれのお子様のお口をみながら仕上げみがきについてもお伝えしました。

5組の参加だったのでにぎやかで楽しい教室となりました

またお母さん同士も普段の育児についてお話したりしていたので、

これからもお口のことだけではなく気軽にお母さん同士がいろいろお話できる場にしていけたらなと思います!

 

次回のテーマは「上手に歯磨きできるかな?」です。

2016年12月19日|

健康保険では予防処置が禁止されています。もちろん保険外(自費)で受けることは可能なんですが、とにかく保険では予防ができません。

「予防と早期発見、早期治療」が大切であることは子供でも知っている大原則です。後日にも書きますが、この大原則が健康保険ではすべて禁止されています。(=o=;)

病気になってから治すよりも予防するほうが、はるかに国民のためになって、簡単で安上がりです。QOLとか医療費削減とか何とか言っているのにこの制度…。まったく意味がわかりません。(続く)

2016年12月01日|

今回のテーマは

「むし歯の成り立ちとむし歯になりにくい食生活」でした。

img_0533
★むし歯はどうやってなってしまうのか?

★おやつや食事でどういったことに気を付ければいいか?

★フッ素や歯磨きでのむし歯予防

などをテーマに話しました。

 

おやつむし歯についてはお母様方も気になっていたとのことで、いろんなことを質問してくださいました

 

また質問と回答はHPにもあとで載せますので皆様も参考にして下さい!

img_0534img_0535img_0536

 

 

 

 

 

今回来てくださったお子様もおもちゃでごきげんに遊んでいて楽しい教室になりました♪

 

次回 12月14日(水) 10:00~

テーマ 『0歳からのむし歯予防』

2016年11月09日|

上位の法律が変わった時にはその下の法律は上位の法律に合わせて修正されなければいけません。でないと矛盾が出てきますから。戦後、最上位の法律「憲法」が変わったので、あらゆる法律が修正されなければならないはずです。それを受けて、戦後ほぼすべての法律が修正されました。「ほぼ」なんです、「ほぼ」。修正されなかった数少ない法律の一つが健康保険法です。憲法に「健康で文化的な…」が新しく入ったのに、「健康」保険法が変わらない…。笑い話にもなりません。

この健康保険法が変わらない限り、「健康で文化的な最低限度の生活」は手に入らないのです。

2016年11月01日|

こんにちは。

今回も3組のママとおちびちゃんたちが来てくれました 😆

dsc_0033

今回の親子教室は「歯をぶつけた時の対処法」でした。

伝い歩きをし始めた男の子や1才4ヶ月の女の子も歯を机などにぶつけた経験があるとのことで、お母様方も心配していたとのことでした。少しでもお役に立てる情報が伝えられたのではないかと思います。

その後少し歯磨きについてお話をしました。

またそれぞれのお子様の口の中をみながら仕上げ磨きのコツなどもお伝えしました。

dsc_0034dsc_0036

 

 

今回もいろいろ質問していただいたり、わきあいあいとした雰囲気の中で教室をすることができました♪♪お子様もおもちゃで楽しそうに遊んでいましたよ。

 

次回は11月9日(水)10:00~

「むし歯の成り立ちとむし歯になりにくい食生活」です。

2016年10月12日|

医療保険制度は健康保険法という法律に基づいて運営されています。この健康保険法が医療保険制度の様々な問題の大元です。健康保険法が古いのです。とんでもなく古いんです。どれぐらい古いのかというと、制定はなんと大正11年!!約100年前、大日本帝国憲法の時代です。大日本帝国憲法には今のような「基本的人権」などありません。お国のためだったら喜んで死にましょう、という時代です。「健康で文化的な最低限度の生活」なんて無かった時代です。(続く)

2016年10月01日|

こんにちは。

本日第3回 親子教室が無事開催されました。

今回も5組の親子がご参加くださいました 😆

h28-9-14

 

 

 

 

 

 

 

歯並びについての説明をしっかりじっくり聞いてくれていました。

その間子供たちはお利口さんにおもちゃで遊んでくれましたよ 😀

 

歯磨きの実践では少しぐずぐず言っていた子も、

いざ先生が優しく声掛けをしながらお口の中を拝見!

指導のもとママが歯ブラシでコショコショすると、

おとなしくされるがままになってました 😳

%e3%81%95%e3%81%8d%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

 

 

 

 

 

 

 

コショコショしたあとはこの笑顔(*’ω’*)

i%e5%85%ab%e6%9c%a8%e6%a2%93%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなかわいい笑顔をみせてくれてありがとう(*^▽^*)♪

 

次回親子教室 10月12日 10:00~『歯をぶつけたときどうする?』

ご予約はこちらのフォームからお願いいたします。

 

 

2016年9月14日|

今、国は混合診療を解禁しよう、なんて言ってます。解禁とは、「治療の途中などで保険外の治療を混ぜても保険が効きますよ、保険外の部分だけ患者さんが負担してくださいね」という意味です。一見、魅力的に映る制度ですが、実はとんでもない制度です!!

本当に患者さんのためを思うなら、保険外の治療や材料を保険に入れるべきです。これにも言い訳が用意されていて「安全性が確立されていないものを保険に入れるわけにはいかない…」めちゃくちゃな言い訳です。安全性が確立されていないのであれば、保険だろうと保険外だろうと使用しちゃダメです。(当たり前)

もっと大問題なのは混合診療が解禁されてしまうと、新しい治療法や薬品は今後、保険に入らなくなるだろうということです。混合診療の迷宮の一番奥には、お金で生命を買う未来が口を開けて待っているのです。

2016年9月01日|

医院ご案内

法界院本院
岡山市北区学南町3-11-6
休診日:木曜日(もくようび)
    日曜日・祝日

詳しい地図法界院本院

西川原院
岡山市中区西川原1-12-24
休診日:水曜日(すいようび)
    日曜日・祝日

詳しい地図西川原院
フリーダイヤル